2019年9月18日水曜日

シルエット錯視

こんばんは、こうちゃんです。

ちょっと脳が混乱しそうですけど、
有名な、見ていると、時計回りにも、半時計回りにも見える、
という特殊な錯視です。


2019年9月10日火曜日

驚きの錯視の世界

これは驚きです。

こんなにすごい見え方の違い、鏡などにより変わるものとか作れるんですね。


2019年9月2日月曜日

ヘリング錯視

こんばんは、こうちゃんです。

ヘリング錯視
上の2本の平行線は、斜線の影響を受けてゆがんで見える。このような錯視を「湾曲の錯視」ともいう。湾曲の錯視では他にオービソン錯視、ヴント錯視などが該当する。


こうちゃん

2019年8月27日火曜日

鏡で見え方の変わる立体アート

こんばんは、こうちゃんです。

これはすごい、
手書き風アートで、
なんと、鏡に映すと、全部見え方が変わるという驚異的な3Dアートです。
これも目の錯覚を利用してるんですね。
どう作ったらこうなるんでしょう。


こうちゃん

2019年8月11日日曜日

ツェルナー錯視

こんばんは、こうちゃんです。

非常に有名な錯視の一つ、ツェルナー錯視。図にある4本の線分は全て平行である。羽の角度が鈍角であるほど、錯視は顕著になる。このような錯視を「方位の錯視」という。


こうちゃん

2019年7月23日火曜日

ミュラー・リヤー錯視

こんばんは、こうちゃんです。

有名・定番の錯視のひとつ、ミュラー・リヤー錯視です。

ミューラー・リヤー錯視(Muller-Lyer illusion)はミューラー・リヤーが1889年に発表した錯視。線分の両端に内向きの矢羽を付けたもの(上段)と外向きの矢羽を付けたもの(中段)の線分は、上段が短く、中段は長く感じるが、実際は同じ長さである。この錯覚が発生する説明は様々な側面から行われているが、有名な説明として、グリゴリーが1963年に発表した線遠近法が挙げられる。


また、この錯覚を応用したものとして、ジャッドの図形が挙げられる。 ジャッドの図形は、線分の中央に中点を打ち、両端に異なる向きの矢羽を付けると、外向きの矢羽が付けられた側に中点がずれて見えるという錯覚が用いられた図形である。 このような錯視を「大きさの錯視」という。

こうちゃん